カバンにGPS端末を隠しておく

相手に気づかれないで客観的に浮気の証拠となるものをつかむには、技術も機材も、それなりにしっかりしていなければなりません。

浮気現場の写真を撮ったとしても、露出が足りず、誰の顔かはっきり見分けられないのでは証拠にならないのは仕方の無いことです。

浮気の調査を探偵に任せると、薄型のカメラなども用いて全く気づかれずに顔がはっきり判る写真を撮ることができます。自分でいろいろするよりは、専門家である探偵に浮気調査を依頼しましょう。

専門家である探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。自分がわけもわからず手当たり次第に調べても、配偶者が浮気をしているという事実はすぐに出てきます。
しかし、相手を責めたてても浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。

そのため、確実な証拠というものが必要になります。
探偵は依頼されたことのみを調査すればそれで終わりとは言えません。

浮気しているかどうかを調査すると、何かしらのトラブルが起こるものです。そんな状況になった時に、依頼者の立場を何よりも先に気にしてくれる探偵が信じられる探偵と言えるでしょう。探偵が信用できるか否かは、相談する時の様子などで慎重に決めるとよいでしょう。
いざ不倫調査を探偵に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。

探偵はそれを仕事にしているのですから、相手に露見するようなことは、ほとんどないと思っていいでしょう。でも、「探偵を雇った」という事実で依頼者の態度が普段と変わってしまい、相手が勘付くというケースもないわけではありません。探偵の報告書を受け取るまでは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。

配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。

不倫行為の証拠といえば、やはり、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。

浮気現場にシロウトが踏み込んだり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるのは相手に発覚するおそれもありますから、その道のプロである探偵を利用することも候補に入れておくといいかもしれません。事前に成功報酬と言われていても、例えば、調査内容が浮気についてだった場合には、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。

本当は浮気をしているという場合でも、調査をした間だけはたまたま浮気していなかったら、配偶者の浮気の有無をはっきりさせることができないまま、調査期間を終えてしまい、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。浮気は男性の専売特許のように思われがちですが、浮気をするのは男だけではないでしょう。
女性だって子供の送り迎えやスポーツジム、パート先など、出会う機会なら色々あり、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、人妻だからといって浮気しないわけではないのです。近頃は女性の浮気が増えているのか、男性が興信所に浮気調査を依頼するケースが珍しくもなくなってきました。

車の目立たない場所にGPS端末を設置して、行動を常時監視し続け、移動中の所在を確認したり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して調べたりします。

車より、公共交通機関などを利用する人には、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。

これで相手がどこをどう移動して、滞在した時間も割り出すことができるでしょう。
一部の探偵がアルバイトのようなことがありえます。探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることを知るでしょう。このように、バイトが仕事をしている探偵事務所もいっぱいあるということです。
浮気調査を頼むときには、個人情報を教える必要があります。でも、バイトだと正社員と違ってずっと続けているという保証はないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。
浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第で結構な違いがあるようです。一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、最低でも二社以上で見積りをとり、説明を受けるのをおすすめします。

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、探偵に可能な限り伝えることで、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。
料金体系が成功報酬制の探偵事務所は、調査に成功したケースでしか報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。その結果として、成功報酬制を採用している方が、浮気調査費を安く抑えられるわけではないのです。調査能力がどこまであるのかなどもよく確認して、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼することが重要なのです。
探偵が浮気調査を行う時でも失敗したりするようです。探偵が浮気調査に精通しているといっても、思わぬミスをすることがありえます。
パートナーが急に車を使ったり、電車に乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。

それか、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には証拠写真も撮れません。

興信所が作成する調査報告書は、書式は一定ではないようです。それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場での使用が前提なら、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書でなければ価値がないわけです。
調査報告書の利用方法を考慮した末、業者を選定しておけば安心です。

ろくでもない探偵を雇ってしまうと、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。話をしに行っただけで過度に不安を煽ったり、契約を急かすようなところは危ないと思ってよいでしょう。

相談後、再三にわたり電話をかけてくるのは劣悪な業者とみて間違いありません。
普通の営業をしている探偵業者なら、人を不安にさせるようなことはしないはずです。

W不倫経験者に不倫を止めた理由について質問すると、パートナーとの間に子供ができたり、あるいは欲しがられたからというのが少なくありません。

自分とのことを考えてくれている人に対し、後ろめたさを感じるようになったり、先のない不倫という関係に辟易するのです。

それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、やましい気持ちもあってか、別れることに積極的になるでしょう。興信所に不倫調査等を頼む際は、標準的な料金に関する知識が不足していると、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。

2時間で2万円台あたりを計算しておくと良いでしょう。仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用はかさむので、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。
配偶者が浮気する理由として多いのは、配偶者との日常生活に飽きたからだそうです。
言葉は違っても結局はそれみたいですね。
自分をもう一度異性として見てほしいという願望が不倫を美化してしまうところもあるようです。そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、不安なこと、不満なこと、いろんなことを見つめなおすことも大事です。
浮気があったがために当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、とうとう家裁での離婚調停となることもしばしばあります。裁判所から任命された調停委員が加わったうえで第三者がいる場所で公平に意見を出し合う機会が設けられるため、当人たちだけよりも解決に向けて進展しやすい点で体力的にも精神的にも助かります。

あまり怖がる必要はないでしょう。

4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。彼氏は7つ年上で社宅住まいです。
彼氏の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。

幼い子どもたちは、これからシングルマザーの私が養っていかなければなりません。

感情的にはもやもやが残りますが、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼氏には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、公正証書というのを作ってもらいました。探偵社による浮気の追跡調査は、成功報酬プランを設定しているところもあります。証拠がなければ調査料金の請求もなくて、得だと思う人もいるかもしれません。しかし、調査対象が浮気しているかどうか微妙な場合や、長期間にわたる調査が必要な場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることもあるので注意してください。

コメントは受け付けていません。