携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われる

浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。
実費は交通費、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査時の食事にかかった代金がプラスされることも少なくありません。
時間給は、人数×時間で計算した費用です。

浮気調査を行う期間が短ければ請求金額も少ないです。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が、安い料金で行うことができます。ですので、尾行を探偵にお願いするなら、日頃のパートナーの行動パターンを調べ上げることが重要です。
自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵のほうも手間が省け、お互いにとってメリットがあります。配偶者の不倫行為により、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。たとえば、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、配偶者とその相手がホテルから出てくる写真や、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSなどが不倫行為の裏付けとして認められる例もあります。探偵業者にかかる費用には幅があって、中にはとんでもない金額を請求する場合もあるようです。

しかし、高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、確実にそうだとは言えません。けして安くはない代金を支払った挙句、浮気の証拠はありませんでしたなどということにならないために、業者を決める前に浮気調査の妥当価格ぐらいはチェックしておいた方が良いでしょう。
ケータイの通話履歴から浮気の証拠が掴めるのです。

携帯電話は浮気相手との連絡手段として使われるのが当然だからです。近年、メールやラインで連絡をことも増えていますが、やはり好きな人の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。何気なく電話していることも十分ありえるのです。

彼氏は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。
もしかして元カノかと、携帯をチェックしようとしたら、こともあろうにしっかりロックされていて、手も足も出ませんでした。
泥沼は嫌なので、これは興信所を頼むべきだと考えたのですが、専業主婦が払える金額なんてたかが知れていますし、二の足を踏んでいます。会社規模が大きければ大きいほど最高だとかは言えませんけれども、規模の大きな興信所を選んだほうが間違いが少ないです。会社規模が小さなところでは、満足な調査をせずに完了したと偽り、金銭だけを要求してくるところや料金が不明確だったりする会社もあります。
また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。

探偵の一部はアルバイトのときがあるのです。

探偵のアルバイト情報を調べれば、募集がかかっていることを知るでしょう。

ここからわかるように、バイトに仕事をさせている探偵事務所もいっぱいあるということです。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報がないと調査のしようがないですよね。アルバイトだと不意に放り投げることもあるかもしれないですし、聞いた事柄を第三者に教えてしまうことができてしまうわけです。お互い結婚している者同士の場合、不倫をやめる契機になるのは、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが少なくありません。そこから相手に良心の呵責を覚えるようになったり、将来が見えない浮気という繋がりに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。それに、職場が変わったり自宅が転居したときも今までと勝手が違うため、後ろめたさも手伝って、ついに精算したいという気持ちになるようです。
自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。

経験豊富な探偵に依頼したら、浮気の証拠を確実につかむことができます。

自ら浮気調査をしてみても、浮気の事実はすぐに出てくると思います。
でも、パートナーに詰め寄っても浮気の事実を認めようとしなかったら、離婚するに際して有利な条件を引き出せません。
有利に離婚するためにも、確かな証拠が必要です。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査対象となる人が住んでいる地域の会社に限定すれば探偵の数も絞れます。土地勘がある調査員がいるほうが深い調査ができ、高精度な報告ができるでしょう。また、依頼する案件によって得意、不得意の差が出ることですから、公式サイトや代表電話などで相談してみるのがいいでしょう。

事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査について依頼したとすると、その際の調査期間が3日間だったとするとその3日の間だけは浮気がなかったとすれば調査は成功ということになるでしょう。

実際には浮気していたとしても、その3日間だけは浮気していなかったという状態であったら、浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり、事前に約束していた成功報酬を支払うことになるのです。なるべく少ない費用で浮気調査を依頼するには、自分でできる範囲までは事前に調査をすることでしょう。

難しい調査ではありません。

ただ、パートナーの行動を毎日記録するだけでいいのです。
毎日の出勤時間、帰宅してきた時間、電話が掛ってきた場合は、掛ってきた時間と通話時間も忘れずに記録しておくようにしましょう。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったといったケースが増えています。配偶者がスマホにロックをかけるようになったり、SNSをしょっちゅうチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。

SNSに対する不審な行動があるかどうかはある意味、浮気の指標になるかもしれません。
あきれた話なんですが、彼氏の浮気はまるで病気みたいです。まさかこんなに出てくるとは。私と結婚する前から、何度も不倫していて、同時に二股三股もかけられたかと思うと生理的な嫌悪感を覚えます。

根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。

妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。あんな人と人生の伴侶としてやっていく自信もまったくないですし、別居とかいうのでなく、即離婚でしょうね。
結婚相手や婚約者の不倫に気づいた女性が探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、そんなに珍しいものではありません。ときには「素人探偵」が活躍したりもして、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。
でも、実際には相手や周囲に気取られないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、難易度の高いワザです。

調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。
変わりはほとんど無いと言ってもよろしいでしょう。双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような類似した仕事をしています。
ただし、違いがあるとしたら、企業や団体は興信所に、探偵は個人向けのようです。不倫というのは一生続けられるものではありません。

配偶者や職場に浮気がバレた挙句、仮面彼氏婦を続ける人もいれば、離婚したり、高額な慰謝料を要求されることも考えなければなりません。

また、元の鞘に収まったり、浮気を成就させて(?)結婚したりするパターンもあります。落ち着く先は色々ですが、本当の意味での幸せなんて求めてもムダというものでしょう。

世間的には離婚した際、浮気経験のある親というのは親権が得にくいという話が蔓延しているようです。一般論ではそうかもしれませんが、実際はちょっと違います。子供の親権というものは、裁判では同居の有無や子育てに対する積極性といった点がチェックされます。最終的には子の育成にどれだけ適した環境を用意できるかを重視して判定するのです。
探偵社に調査を頼んでも、結果が出せないことがあります。

それは配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、期間内に調査対象にそういった行動が見られないという案件です。しかし、調査が未熟なことで満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておくことで回避できるでしょう。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することが結果を左右するのはいうまでもありません。

コメントは受け付けていません。