浮気がシロかクロか不明な場合

探偵を頼むなら、能力の高いところに依頼したいものです。

どんなところが高い技量を持つかというと、企業としての規模によるところも大きいでしょう。

全国規模でフランチャイズ展開している会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。また、大規模な業者では調査員はもちろん内勤の相談員などのトレーニングや精度アップに熱心であり、そうしたところが調査報告書に大きく影響してくるのではないでしょうか。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者がきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくる可能性はあります。普通、慰謝料で請求される金額は、相手側の離婚の有無で当然ながら差があります。

仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、直ちに弁護士さんに相談してみるべきです。
「一線を超える」と言いますが、浮気の線引きは人それぞれというほかないでしょう。「私より他の女性を優先した」とか手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気したと言って怒る人もいます。
実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為になるものの、どちらにせよ、いかにも浮気ととられかねない行動は慎むにこしたことはありません。
探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、不倫関連の調査です。それをベースに探偵の調査手法をご説明しましょう。

一番多い手法としては、勤務先や居住地といった個人情報をベースに、相手を追うことから始まります。

相手が警戒していることもありますから、浮気相手と会う時間がありそうな日に絞って後を追い、浮気の裏付けをとります。
一番明らかな証拠は写真ですね。世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、女性も浮気しますよね。

スポーツや自治会、子供関連と、女性だって誰かと会うチャンスは思いの外多く、既婚者同士の方が悩みを分かりあえるということもあるようで、彼氏がいるからといって浮気の歯止めにはならないみたいですね。近年、浮気する女性の数も増加傾向にあり、探偵事務所に相談に訪れる男性もあとを絶ちません。

一部の探偵がアルバイトの事例がございます。
アルバイト、探偵で検索すれば、求人情報が表示されます。
ということは、バイトを使っている探偵事務所もたくさんあるわけです。

浮気の調査をお願いする場合には、個人情報を教える必要があります。
バイトとしてやっていると突然やめることもあるでしょうし、知った情報を誰かに話してしまうこともありえますよね。調査業者を選定するときに気になってくるのが、総コストではないでしょうか。ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減はあるので、定価というものは存在しません。
不倫の調査とかでしたら、1時間の調査として、平均的にはだいたい2万円ぐらいです。実績とつり合ってこそ支払う価値があるのでしょうし、こればかりは専門業者に直接聞いてみるのが簡単ですし、考えもまとまりやすいのではないでしょうか。立ち寄る場所がわかる機械を利用して、行きつけの場所の情報を探して、良く見える場所で観察し続けると、必ず来るはずなので、浮気の証拠をつかむことができると思われます。依頼するお金が無い場合には、GPS端末で立ち寄る場所を調査するのも、やってみて損はないと思われます。

その機械を付けている事が知られてしまう恐れもあります。探偵は相談を受け付けますが、話をするのが仕事ではありませんので、調査をしてもらうときは料金がつきものです。

スタッフが行う調査の内容により、見積額に違いが出てくることはやむを得ないでしょう。

追跡して行動を窺うような調査だと、短時間で済む場合もあれば、その逆もあり得ます。

期間、季節、時間帯などによっても料金は変わりますので、普通に考えて、長時間となる作業なら、費用はかさむはずです。
当事者の負荷が大きい不倫は、いつか終わりを迎えるときが来ます。
浮気が露見した結果、家族がばらばらになったり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんて場合も当然あるでしょう。そうかと思えば、離婚後に不倫相手と再婚するパターンもあります。

どういうルートを辿ろうと、不倫でハッピーエンドになることはありません。ご主人の浮気相手の家などに乗り込んで行って惨憺たる状態になるのは、小説やドラマでしばしば目にします。彼氏の方が妻の浮気現場をつかまえた場合は、相手を刺したり、殺してしまうプロットもサスペンスにはありがちです。

配偶者と浮気相手のいるところへ自ら踏み込むのもあっていいやり方でしょう。
別れる決心がついている場合は、問題ないかもしれません。
私は大手探偵社の調査員をしていますが、浮気調査できちんとした成果を挙げられるかどうかは、それなりのワザとカンを要求されます。

地道といいつつも予想外の出来事は多く、素早く働く知恵が必要なのですが、その間違いを極力ゼロに近づけなければいけません。なにより、対象人物に浮気調査がバレてしまうことが問題で、クライアントの利益を損なうことに繋がるため、徹底的に注意を重ねるのは言うまでもありません。
法律の中で、彼氏婦関係にある人が配偶者ではない人と男女の関係になることを不貞と定めています。ということは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、食事や遊びに行ったとしても、浮気とはいえないということになります。個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。
パートナーの不倫が露見したら、どうしたって頭の中が真っ白になってしまうでしょう。でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。

そのときは、これからどう対処していくか考えなければいけません。だいたい不倫行為は、道義上許されない行為です。

気持ちの上では割り切れないものがあるでしょうが、あなたが苦しんだ分の慰謝料を請求するのは、配偶者として当然の権利です。

あなたの配偶者が不貞を犯したら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、彼氏婦としての会話がない、いわゆる家庭内別居というような状態であったり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、慰謝料を求めることが難しいでしょう。
慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数など色々な事を考えて裁判所が決定します。調査レポートとか調査報告書と呼ばれるものは、業者ごとにスタイルはさまざまです。それならみんな同じかというと、裁判や調停といった場で使われるなら、なんでも証拠になるというわけではないので、要点を踏まえた質の高い報告書でないと意味がなくなってしまいます。のちのち、報告書をどのように利用するのかよく考え、業者を選定する必要があるでしょう。
事前に成功報酬と言われていても、例えば、浮気調査を依頼したケースでは、調査期間が3日間しかなかったとしたらその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査は成功したということになってしまいます。
本当は浮気をしているという場合でも、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気の証拠がつかめないまま、専門的な調査は完了となり、成功報酬として料金を支払うのです。浮気調査に対して探偵に払う費用は「実費」と「時間給」の2つに分けることができます。
実費としては調査の際にかかった交通費とかフイルムや現像料などをいいますが、調査員の食事代が足されるケースもあるみたいです。
時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、費用を算出します。
浮気調査を行う期間が短ければ支払い額も安くなります。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、どれだけの人が調査に加わっているのかというと、調査内容によって変わってくることはありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。

ただ、まだ浮気がシロかクロか不明な場合では、本当に浮気なのかを調査員が1人で行う場合が多いです。
浮気をしていることがはっきりとしたら、再度、浮気の証拠を掴むための調査を行う人数などの調査方針を決めることになります。探偵と興信所はどう違うのかと質問されることがありますが、違いといえば名前だけだと言えます。
探偵業を営むという点で共通しています。

ですから、不倫の調査をしてもらう分には、同じものと思っていただいて支障はないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。ただ、ある程度の得意分野だのは事業者ごとに特徴があるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

コメントは受け付けていません。