GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見する

近年は技術改良が進んで、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見することが容易になりました。

スマホのGPS機能といってもONにしておかなければ意味がありませんが、それを相手に持たせることができれば、誰でも簡単に、ほとんどリアルタイムでどこにいるかを特定できてしまうのです。

それで罰則があるというわけでもありませんし、相手の不倫を自力で見つけたいときはこれとウェブ上のマップを併用するといいかもしれません。

配偶者の不倫行為が発覚したら、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気持ちを静めて冷静になるのが先決です。
浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、離婚とか、そうなると慰謝料の請求といった問題も出てきます。二人で会う機会を作り、今後のことについて話をしておきましょう。一般に探偵の調査料というのは幅があると言われていますが、追加費用を加算したりして高額な請求を行っているところもないわけではありません。
高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、実のところ非常に微妙です。

成果があればこその対価であるのに、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなどということにならないために、契約を交わす前に平均的な価格について知っておくと良いでしょう。
探偵は調査が終わると調査報告書を作成しますが、業者ごとにスタイルはさまざまです。

もし裁判等での使用が前提なら、証拠書類として認められるよう、信頼できて高品質な調査報告書である必要があります。
そこまで考えていない人でも、これからどうするかを想像して、目的に合った事業者を選定しなければなりません。
信頼性の高い探偵事務所に出会う方法としては、ネットなどで口コミを調べるといいでしょう。

そのようなときには、その探偵事務所が運営するサイトに掲載されている口コミなんかではなく、運営が異なる掲示板や相談サイトに書かれているような口コミを調べる方が信頼できます。

その探偵事務所の一般の利用者による口コミの方が、比較にならないくらい信頼できる情報と言えます。

浮気を証明する写真といったらやはり、交際相手と一緒にラブホから車で出てくるシーンは決定的です。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、証拠としては使えないレベルであることが少なくありません。

裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しようと思ったら、最初から興信所などを手配するにこしたことはありません。

興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、総コストではないでしょうか。

コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって変わってきます。素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1時間の調査として、平均的にはだいたい2万円ぐらいです。安ければいいというものでもないでしょうから、業者に相談して見積りをとるのが一番でしょう。

2社以上に聞くと色々わかって良いですよ。パートナーの挙動がおかしく、不倫が疑われるときは、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。不倫行為の証拠といえば、やはり、写真でしょう。
誰が見たって浮気だとわかるものが良いのです。浮気現場にシロウトが踏み込んだり、裁判や慰謝料の要求に役立つような裏付け資料を手に入れるなんて行為は、相手に発覚するおそれもありますから、その道のプロである探偵を利用することも検討すべきです。
浮気をしているかどうか確かめたい!そんな時には、何人の調査員が必要なのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。しかし、まだ浮気なのかはっきりしていないケースでは、本当に浮気なのかを調査員が1人で調査することが多いでしょう。

浮気をしている証拠をつかんだら、もう一度計画を練り直して調査員を増やすのか、減らすのか、どのように調査するのかを具体的に決めます。実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、破格値で調査してくれるところとか、ポッキリ価格で請け負う業者が増えているようです。とはいえ、オプションがついたりすることも多いので、探偵に依頼する際は、契約前に疑問点について説明してもらい、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけましょう。全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談までなら無料というところがあるのをご存知でしょうか。

初めて探偵の仕事を依頼するのですから、是非とも活用したいサービスです。

誠実そうな業者かどうか判断する上で重要な情報が得られるからです。
専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。

配偶者の不倫に気づいても、相手が警戒しているときは、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは無理というものです。

とはいっても、証拠を掴んでいれば離婚にしろ慰謝料請求にしろ、何かと便利に使えるでしょう。

もし浮気の確証がもてるようなら、探偵を雇って調査してもらいましょう。

ある程度、費用は必要ですが、体の関係があると思われるような写真のように、第三者にも分かるような裏付けをとってくれるはずです。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。

それには真正面からスパッと訊いてみましょう。

普通のひとは何かを隠そうとしたり嘘をつくときは、カラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。それに、ちょっと聞いただけでズラズラと話しすぎるのも怪しいです。心に負い目があると、偽りの真実を美しく塗り固めようとして話しつづけ、ボロが出ます。目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は分かります。
先日、法事のときに従兄と話していたんですけど、彼の妻が元カレと不倫していて、相手を訴えてやるのだそうです。

結構マジメな話です。ただ、裁判となれば訴訟費用なしにはできないでしょうし、ならいっそ、あきらかな不倫の証拠を突きつけてやって、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかとアドバイスしたんです。

なんだか妙に納得されました。探偵業者と一口に言っても、中には悪質でいい加減なところも存在するので、安易に依頼せずにクチコミなどをみて検討し、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。
例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、しっかりした証拠を得るには時間がかかることもあります。

まともな業者なら目安となる期間やコストテーブルがありますので、納得いくまで説明を聞いてから依頼しましょう。
実際に探偵業者に来る依頼のほとんどは、不倫関連の調査です。

どのように探偵が調査しているのかを、不倫調査を例に具体的に説明しますね。標準的な不倫調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考に相手を追うことから始まります。相手が警戒していることもありますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、相手の浮気の証拠を抑えるのです。
不倫の追跡調査を探偵業者に依頼するにしても、それにかかるコストは実に気になるところだと思います。探偵業者の多くは無料で相談を受け付けていて、見積もりなしに契約することはないので安心です。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、相手の会社ではなく、表通りにある喫茶店など人の多いところで会ってもらえば話もしやすいでしょう。
契約の強要といった事態の防止につながるからです。不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。実際は、離婚はしなくても慰謝料を請求することはできますが、額は少なくなります。また、不倫相手の方が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。どの人から見てもはっきりとした不倫の証拠が必要です。
浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって別途、代金を請求されるというケースがあるようです。ただ、契約時に交わした書類には、オプション発生時の条件が明記されていると思います。

ですから、それをチェックすることは欠かせないのです。よくわからないことがあれば、契約書にサインする前にしっかり確認するのも大事だと思います。
彼氏婦2人と子供2人(小1、小3)で彼氏の実家の隣に家を建てて暮らしています。
彼氏の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、両方の家族同士で話し合った末、離婚することになりました。

育児は私の親のサポートも得られますが、経済的には私が大黒柱となって養っていくのです。私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士さんを頼み、浮気相手への慰謝料の請求と、彼氏への慰謝料および養育費の請求だけは行い、公正証書という形で残しました。

コメントは受け付けていません。